トップ >> 葬儀は時代で変化する

葬儀にまつわる情報

葬儀は少人数化していく

地域共同体の解体などという大仰な言葉を使わなくても、人々の繋がりが弱くなっていることは誰しも心当たりがあるのではないでしょうか。親族一同が集って葬儀、という形式が少なくなってくるのも当然のことです。仕事が忙しくて参列できない、という理由もあるかと思います。大勢の人が見守るのであればそれぞれが納得いくよう考えなければなりませんが、少人数ならその手間も省けます。いっそ執り行わない、という選択肢も可能となります。かくして葬儀は自由なものとなっていくわけですが、これは時代の流れであり、良い悪いという評価の対象ではありません。

故人の満足いくかが全て

葬儀が自由になっていくということは、個人的になっていくということです。重要なのは故人が満足いく葬式であるか否かという一点に絞られていきます。しかし亡くなった人にどうだったかと訊くことはできませんので、主催する側としても自分が納得のいく式になっただろうかと検証します。もはやそこにあるのは感情だけであり、成仏してもらうだとか、先祖の墓を守るといった考え方は全く含まれていません。ならば葬儀に線香も読経もいらない、僧侶も呼ばなくていいと帰結することになります。極端ではありますが、こういう傾向なのではないかと。